LIFESTYLE

「まつぼっくり」と聞いてホッとする人は相性がいい

1人最近のお気に入りのカフェで、
最近のお気に入りのキーマカレーを食べている。

そのカフェのチャレンジしてみたかった2階の角の1人ソファー席。

窓から外を見ると、慌ただしく歩いている人や
空を見上げながら、ときたまニッコリしながら歩いている人や
花壇のお花にふと立ち止まる人や
ベンチに座って読書をし始める人や

イロンナ人が「今」という時間を
それぞれ過ごしている空間を感じさせてくれる。

私はキーマカレーを食べて、それを眺めて
何だかシアワセだなぁと感じる時間を過ごしている。

 

だけど、もしかして・・・


空を見上げて微笑んだ彼女は
辛いことがあって頑張ろうと思った瞬間かもしれない

はたまた、
慌ただしく歩いていた彼は
デートに胸が弾んでいたかもしれない

読書の本の中身は官能小説かもしれないし
数学の方程式の教科書かもしれない

一人ひとりの人生の時間って、
外から見るとよくわからないもの。

当たり前なんだけれど、そういうこと。

同じ時間を共有する空間

だからこそ、お互いの時間が重なって、
お互いの時間を共有する空間は大切な宝物。

こんなにたくさんの人がいる中で、
人生の同じ時間に重なる時に

何かを一緒にするなんてすごいこと。

だからこそ、一生懸命に全力でやっていたいし、
楽しむことも何かを乗り越えることも真っ直ぐにしていたい。

時間の共有ってそういうことだと思う。

相手の時間を大切にできたなら、
自分の時間も大切にできて、自分の時間を大切にできたなら、
相手の時間も大切になっている。

もしも誰かが転んでも
立っている人が手をすぐ差し伸べたり
もしも誰かが穴に落ちても
地上にいるみんなでそれぞれ動くと外に出られる。

人生の時間が重なって
お互いの時間を共有するって
それぞれの個性や才能を持ちあって楽しむことなんだね。

あなたには、できてる?
自分だけになっていない?

そばにいる人の心を感じてる?
あなたの心を感じている?

我や欲で見えなくなっていない?
変な固定概念で自分を覆っていない?

決めつけたことにがんじがらめになって、
人の変化がわからなくなっていない?

自分の心を棚に上げて、
誰かや環境のせいにしていない?

無責任に生きていない?
一つひとつに愛を込めている?

大切な重なった時間を大切にしている?

まつぼっくりという相性

「まつぼっくり」と聞くとホッとしますか?

まつぼっくりって、ちょっと謎。

だけど、小さな頃によく外に落ちていて、
まつぼっくりを拾う意味を考えた。

「これ、何のために拾っているんだろう」と。
「これ、どうしてまつぼっくりっていうんだろう」と。

小学校の低学年の時に抱いた「まつぼっくり」への疑問。

未だに謎は解けぬままだけれど、一つだけわかったことがある。

まつぼっくりと聞いてホッとする人と相性がいい。

「は?まつぼっくり?」
と返してくる人とは
相性がとびきりは良くない

「あー、まつぼっくりね」
と返してくる人は普通。

「あ!知ってる、まつぼっくりってあったよね!」
そう返してくれる人は相性がちょっといい。

「小さな頃、よく拾ったなー。懐かしいね」
そうほっこり微笑んでくれる人は相性がいい。
そんな私の偏見は、小さな頃から実は取れていない。

そしてそういう自分の価値観が嫌いじゃない。

あなたにも、ある?

何かを伝えてほっこりする人とは相性がいいなぁっていうやつ。

それね、結構大切だったりするし、
逆に真逆の人には、刺激をもらったりする。

だけど私は、ほっこりする人と何だか相性がいいのです。

長くいるのは、いつもそういう人だから

私のブログは、
その日によって伝えたいことも変わるし、
綴りたいことも変わるし、
いろんな感性を谷本由希のブログを見て
好きに感じてもらえたら嬉しいなぁと思うわけです。

どんな視点も、どんな雰囲気も、
どんな伝え方であっても、
私は私に変わりないから。

人は日々、変化するものであり、
成長するものであり、時に後退しそうな時も、
きっと前向きに生きている人はまた前に進んでいくものなのです。

ただひとつ、大切にしていることは・・・

真っ直ぐに、一筋に誠実に♡

愛と心は深く。

変わらぬものと、変わるものをどちらも大切に。

今日も心温まる1日を

 

Yuki