LIFESTYLE

最近ベレー帽をかぶる理由

最近ベレー帽をかぶりますよねっと言われる

私は元々、帽子が似合わず笑
全く似合わないので買ってもかぶらないという
連鎖を10代の時から起こしている

たまにチャレンジしても
すぐにかぶらなくなってお蔵入り・・・

だけどこの4月から
新しい事業や新しいことに次々チャレンジする中で

何か自分へのお守りのようなものが欲しくなったのです

今は亡き祖父がベレー帽が好きだった

すごくおしゃれな祖父だったのですが
帽子は必ずベレー帽だったのです

すごい数のベレー帽を持っていて
出かけ先に合わせてコーディネートする姿が
カッコイイなっと思っていました

祖父は偉大な人だった

小さな頃、祖父母と過ごすことが多かった私は
祖父の色んな言葉に触れさせたもらった

「心が動くことをしなさい」

「人を大切にしなさい、
騙されたとしても裏切られたとしても大切にしていなさい」

「やりたいことを迷わず思いっきりするんだよ」

「いつでも愛をもって、いつでも自分を信じていいんだよ」

祖父は何度傷つけられても
同じ人が祖父を騙しにきても
わかっているのにまた信じて裏切られていたことがある

その時に小学生だった私に言った言葉が
いまだに忘れられない・・・

小さな私が
「絶対にまた嘘なのにどうして信じるの?」と尋ねたら

「自分が信じたかったら騙されるとわかっていてもいいんだよ」

祖父は変だった笑

だけど、とても奥深い人だった

いつも祖父の発想や言葉や行動に
私は目が離せなかった

4月は祖父が亡くなった月

人生で思いっきり今から挑戦をしていく

ずっと買ったままかぶれずにいた
ベレー帽を身につけようと思った

何かの挑戦の記念や
達成ごとに増やしていこうかな

ねぇ、おとうちゃん(祖父の呼び名)
あの時、私にかぶせてくれたベレー帽

鏡を見て似合わなさすぎて
すぐ取っちゃったことをちょっぴり後悔しています

「似合ってる、可愛いのに」って言ってた

そしてまた自分の頭にかぶせていた

あの時の続きがあるならば
あのまま、ベレー帽を私の頭にかぶせたことにして

これからの未来を一緒に見てください

最後のお別れの時に
みんなが話しかけても微動だしなかったのに

私が話しかけた途端に動き始めて
開かない瞳を何度も開けようとして

動かせない手だったはずなのに
私の手を掴んで

最後の力を振り絞って
ゼーゼーと何かを伝えようとしてくれてた想い

ちゃんとわかってるよ

いつも、ありがとう

頑張ります!

4月に想いを込めて

あなたの今日がいつでもスタートでありますように

 

Yuki